たろべえじゅ通信

taroveju.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2006年 09月 30日

里芋ボール

f0031259_21203884.jpg

お芋が美味しい秋です。
蒸した里芋とサツマイモをつぶして、蕎麦の実を混ぜ込み、一口サイズに丸めて、コロッケをつくりました。
隠し味は自家製の真っ黒い五年味噌と醤油。
衣はフランスパンとお麩を細かく砕いたもの。
中はねっとり、外側かりっと美味しい秋の一品になりました。
[PR]

by taroveju | 2006-09-30 21:20 | 玄米菜食ランチ
2006年 09月 30日

玄米菜食ランチバイキング

f0031259_20191881.jpg
f0031259_20192858.jpg
f0031259_20193833.jpg
f0031259_20195553.jpg

[PR]

by taroveju | 2006-09-30 20:19 | 玄米菜食ランチ
2006年 09月 26日

蒸し栗

f0031259_18121980.jpg
f0031259_18123053.jpg

地元産の栗をおすそ分けしていただきました。
ただ蒸しただけの熱々の栗を半分に切って、スプーンで中身をかき出して食べてみました。
ねっとり柔らかくて、ちょっと甘くて、自然の味が広がります。
旬のものをシンプルに食して、それを美味しいと感じることができる。
そんな当たり前のようなことがしあわせ。
[PR]

by taroveju | 2006-09-26 18:18 | 地元の野菜 果物
2006年 09月 24日

あっという間に

f0031259_2337941.jpg
f0031259_23372048.jpg
f0031259_23373343.jpg

こちらは炭焼き窯。
焚き火口のレンガが積まれ、灰(?)も撒かれて、作業はどんどん進められていました。
周りには石積みも始まっています。
[PR]

by taroveju | 2006-09-24 23:40 | 水車むら炭焼き窯つくり
2006年 09月 24日

これは何でしょう?

f0031259_237718.jpg

こちらは陶芸薪窯「滝の谷窯」。
現場に昨日、第一陣レンガと一緒に運び込まれた謎の物体。
さあ何でしょう?
答は「アーチの型枠」です。
これに沿ってレンガを並べて、積み終えたら型をスライドして、またレンガを積んで、ということを繰り返していくそうです。
この型枠ができるまでの過程を知りたい方は
このあたりから、こちらこちらを参照してくださいね。
[PR]

by taroveju | 2006-09-24 23:07 | 陶芸薪窯 滝の谷窯
2006年 09月 22日

本日のケーキセット マクロビ仕様チョコ風味

f0031259_19105042.jpg

いつの間にか、すっかり秋ですね。
熱い紅茶が恋しい季節となりました。
本日のケーキは大人味のココアケーキです。
卵や、バターや白砂糖は使わない、マクロビオティック仕様。
甘みはメープルシロップとりんご゛ジュース。
ラム酒に漬けたプルーンが入っていて、チョコレートのような濃厚な風味です。
生クリームを添えてみましたが、マクロビアンには豆腐クリームがいいですね。
水車むらの紅茶は主張しすぎず、淡白すぎず、どんなお菓子をも引き立ててくれます。
秋の午後のティータイムにぜひ。
[PR]

by taroveju | 2006-09-22 19:10 | マクロビオティック
2006年 09月 21日

炭焼き窯づくり

f0031259_10421316.jpg
f0031259_10422567.jpg
f0031259_10424263.jpg
f0031259_10425281.jpg

f0031259_1045258.jpg

彼岸花が咲き、秋の気配に包まれた水車むら。
その一角で、先日からなにやら動きがあり、気になって聞いてみると、新しく炭焼き窯を作るとの情報。
お休みの今日、さっそくカメラを持って取材に行ってきました。
年代物の炭焼き窯の隣に、山から切り出してきたという粘土質の土が盛られています。
トラックで運んだ良質の土は20t以上だそうです。
今日は、直径二mぐらいの微妙な円形に成型された土の表面をたたいて、平らにする作業をしていました。
現場で指揮を執るみっちーさんに「今までにもつくったことあるの?」って聞いてみました。
「昔のおじいっちがやるのを手伝いでたたいたことはあるけえが、はじめっからやったこたぁないだぇ」との返事。
このひたすらたたいて固める作業は力のある若い衆の仕事だったのでしょう。
今日はそんな若者もいず、汗だくで木槌を振り上げる六十代のおじさん二人にエールを送ってきました。
手伝う気力と体力のない私です。
ごめんなさい。
以前たろべえじゅで扱っていた、オブジェにもなる太い、丸の竹炭をまた焼いてほしいと言う要望だけはしっかり伝えてきました。
この炭焼き窯づくり事業は、竹林の整備を目的に、伐採した竹の有効利用ということで、NPO法人「林林林」(りんりんりん)が某財団からの助成金をいただいて計画しているものです。
ご期待ください!
[PR]

by taroveju | 2006-09-21 10:42 | 水車むら炭焼き窯つくり
2006年 09月 17日

本日の玄米菜食ランチ

☆厚揚げとコンニャクの古味噌煮
f0031259_18564162.jpg

☆なすとトマトとひよこまめのオリーブオイルソテー アマランサスがらめ  
f0031259_18572211.jpg

☆かぼちゃとサツマイモのラッキョウサラダ(去年のラッキョウが終了したので今日でおしまい)
f0031259_1941935.jpg

☆青菜と蕎麦の実と切り干し大根の白和え 青じそ風味
f0031259_1974433.jpg

☆冬瓜とおくらとひじきとみょうがの和え物 
f0031259_1925930.jpg

☆車麩の照り焼き
f0031259_19265240.jpg

☆アラメ入り春巻き
f0031259_19281665.jpg


久しぶりに玄米菜食のランチのご紹介です。
その日に手に入った野菜、山菜、雑穀、豆、海草、などを組み合わせてお料理をつくリます。
たろべえじゅ流ひらめきチャネル料理です。
レシピも控えていないので、毎日新しい、一期一会のお味です。
土鍋で炊いた玄米ご飯と数種類のお料理、味噌汁、お茶、デザート付。
バイキング形式が定着しましたので、九月から料金を千五百円に改定いたしました。
ご了承ください。
ランチは12時から、ご予約制です。
前日までにお電話でお申し込みください。
(当日でも対応できる場合もあります。お電話で確認してみてくださいね。)
[PR]

by taroveju | 2006-09-17 19:28 | 玄米菜食ランチ
2006年 09月 09日

今日は土鍋!

f0031259_1729182.jpg
f0031259_1729966.jpg
毎月第一土曜日に開催している陶芸教室「てびねりの会」。
今日は直火にかけられる鍋を作っていました。
とっても実用的で素敵です。
焼き上がりが楽しみ♪
私も一つ欲しいなあ。

てびねりの会は数日前にご予約いただければどなたでも参加できます。
ご一緒に、土遊びしませんか?
あらこちらでも。。
[PR]

by taroveju | 2006-09-09 17:28 | 陶芸教室手びねりの会