たろべえじゅ通信

taroveju.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:想い( 16 )


2006年 04月 06日

十四人の入学式

f0031259_21445698.jpg

f0031259_21463588.jpg

f0031259_2251826.jpg
f0031259_2214311.jpg

「ママ、すっかり春になったね。」
先日の朝、まだ寝ていると思っていた長男が急に話しかけてきました。
「あっ、起きてたの?おはよう。どうして?」
「だってうぐいすが鳴いてるよ」
そう言われて耳を澄ますと、確かにきれいな鳥の声がしています。
ここのところあわただしく朝を過ごしている私が、はっとさせられた一こまでした。

今日四月六日は、そんな風流なことを言うようになった彼の入学式でした。
新一年生十四人。
私も卒業した母校ですが、当時は一学年七十人くらいはいたように思います。
山間部は人口が減っていく一方です。
特にここ数年間で子供の数がぐーんと少なくなっています。
いつもの事ながら来賓者のほうが大勢います。
見慣れない大人たちに囲まれて緊張しながらも、最後までよくお話が聴けました。
二十八の瞳が大きくきらきらと輝いてまぶしかったです。

入学おめでとう!
[PR]

by taroveju | 2006-04-06 21:49 | 想い
2006年 03月 01日

看板

f0031259_20144983.jpg

最近こんな真新しい看板がこの付近一キロ圏内に数箇所も取り付けられました。
このような注意書きが本当に必要なのでしょうか?
何よりも自然の景観が損なわれます。
あらゆるところに無意味な看板が乱立していませんか?
「ごみは捨てないで持ち帰りましょう」
という看板がさび付いてごみのようになっていたりします。
木でできていればやがて朽ちて土に返りますが。。
本当に必要な看板なら周りの景色と調和するように、そしてやがて始末に困るごみにならないような素材で作ってほしいなと思いました。

私の大親友が今度の市会議員選挙に立候補する予定です。
こんな小さな想いを彼女だったら大きく受け止めてくれるはず。。
応援するからね♪
[PR]

by taroveju | 2006-03-01 21:52 | 想い
2006年 02月 26日

みてみてちびっ子作品展

f0031259_226099.jpg

f0031259_21452260.jpg
f0031259_21453190.jpg
f0031259_21453874.jpg
f0031259_21454629.jpg
f0031259_21455942.jpg

f0031259_2251079.jpg

f0031259_225317.jpg

毎年この時期、藤枝市内の幼稚園児(今回は姉妹都市オーストラリア ペンリス市からも)の絵画を集めた「みてみてちびっ子作品展」が開かれます。
上手、下手とつい評価してしまいがちですが、一つ一つの作品にこめられた子供たちの「想い」に心を寄せながら眺めるとどれもが輝いて見えました。
この年頃にしか描けない線、色使い、構図。。。
ちびっ子はみんな天才です。
[PR]

by taroveju | 2006-02-26 22:07 | 想い
2006年 02月 20日

キッズサッカースクール体験

f0031259_1031423.jpg
f0031259_106237.jpg

藤枝は以前はサッカーの町として知られていました。
今でもたまに藤色のユニホームの藤枝東が高校サッカーの全国大会に出場すると古豪と呼ばれています。
ですから子供たちにとってサッカーは一番身近なスポーツです。
市内の各小学校にはスポーツ少年団があり、一年生から入れるそうです。
最近では幼稚園児を対象にしたサッカースクールもいくつか開講しています。
昨日2月19日、藤枝フットサルスタジアムのオープンイベントでも元Jリーガー指導のキッズスクールがあると聞き、子供を連れて行ってきました。
その前にイベントの柱、フットサルの親善試合が行われました。
プロレベルのスポーツ観戦なんてとっても久しぶりです。
三浦泰年率いるエスパルスOBチームは平均年齢も高そうでしたが、狭いコートをよく走りまわり、全力でプレーする姿に感動。
フットサルの試合を初めて間近で見ましたが、味方に指示する声はもちろん、息遣いまではっきり聞こえ、選手と一体になれるような臨場感がとてもよかったです。
ヤスさんはひときわ存在感があり、年を感じさせないスタミナとパワーにあふれていました。
試合後も疲れているのにファンの人たちとの写真撮影やサインの求めにやさしく応えている姿に人の良さがにじみ出ていました。
北沢と宮本ファンの私ですがすっかりヤッサンファンにもなってしまいました。
で、目的のキッズスクールは。。。
「どうだった?」と長男に聞いたら
「悔しい。悔しい。。。」とつぶやいています。
「ゴールを決めたらお兄さん(指導してくれた)がジュースを買ってくれる約束だったのに」
実は他のサッカー教室に通ったこともあるのですがコーチが恐いから嫌と行くのを止めてしまった経験があります。
この日はたった四十分間でしたがすぐに指導者のお兄さんと仲良くなれたようでした。
生き生きと楽しそうにボールを追いかけていました。
小さい子供にとってはまず楽しいという雰囲気があってこそがんばれるのだと実感したスクール体験となりました。
[PR]

by taroveju | 2006-02-20 12:05 | 想い
2006年 01月 26日

早寝早起き宣言!

自分のブログをつづり始めてもうじき一ヶ月。
正直かなりの時間と労力を費やしました。
慣れてしまえばどうって事ないことがひとつひとつ時間がかかり、やっと投稿し終わると他のブログに遊びに行ってはずるずる次から次へサーフィンして。。。
気づくと日付が変わっていることも日常になり、完全なブログ病に侵されつつあることを自覚してはいたのです。
朝は最低でも六時半には起きたいし、しわ寄せは当然睡眠時間に・・・・。
これでは健康はもちろん、ただでさえ衰えていく美容のためにもいいことはありません。
おまけにこの病が次々と伝染し・・・・とうとう本当に高熱が出てしまった友達の話を聞いた時には、さすがに責任を感じました。

実は一年位前から密かに目標としていた事のひとつに「早寝早起き」があります。
マクロビオティックも実践している尊敬すべき私の先輩が子供といっしょの時間に寝て朝早く起きて用事をすると言ってました。
九時ごろ寝て四時ごろ起きる・・・・
夜中はマイナス志向になりがちで考え事をするのは朝のほうがいいと聞いた事もあります。

何とか朝方に切り替えなくちゃ。
そう思っていた昨晩、夕方から疲労感があり、眠くなってきました。
切り替えのチャンスです。
子供たちといっしょに八時半には寝てしまいました。
そしてまだ暗い朝の四時。
すっきりと目覚め、気持ちいい朝を迎えたのでした。
早起きするとなんだか得した気分。
いつもはなかなか起きてこない子供たちもなぜか機嫌よく起きてきて、ゆったり楽しい朝のご飯となりました。
めでたしめでたし。
今度は早寝早起きを伝染させたいなぁ。
[PR]

by taroveju | 2006-01-26 11:16 | 想い
2006年 01月 07日

ツキを呼ぶ魔法の言葉  五日市剛

f0031259_13411393.jpg

昨年五月に、遊びに来た友人から手渡された五十ページ程の小冊子です。
読み終わると、とてもさわやかなやさしい気持ちになれました。
以来何度も読み返し、友人にも紹介してきました。

「ありがとう」と[感謝します」は誰もが認める大切な言葉ですがいつどんな風に使ったらツキを呼ぶかを自らの体験を基にわかりやすく教えてくれます。
「ありがとう」は嫌なことがあったときすぐ口にします。
例えば事故にあってしまったときとか失敗してしまった時など。まさに難有るとき。
そうすることで次に起こる不幸の連鎖を断ち切り、逆にいいことが起こってくるそうです。

私は車の運転中、割り込まれたり嫌な思いをするたび「ありがとうー」と叫んでいます。
いらいらもなくなり、そういえば最近不快な運転手と遭遇しなくなったような気がします。
小さなことだけどついてきているのかな?

「感謝します」はたとえまだ起こっていない未来の事でも「~させていただき感謝します」と力まず自然に言い切ってしまえば本当に現実になってしまうくらい強い力を持った言葉だそうです。

早速フォトンの年、2012年の私を思い描き具体的にイメージして「今~こうなりました。感謝します。」と紙に書いてみましたがさて効果はどうでしょう?

最後に絶対言ってはいけない言葉は汚い言葉と人の悪口です。
どんどんツキがなくなってしまうそうですよ。
言葉って魂を持ってるんですね。
[PR]

by taroveju | 2006-01-07 15:28 | 想い