たろべえじゅ通信

taroveju.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:陶芸薪窯 滝の谷窯( 17 )


2012年 11月 27日

薪の準備もばっちりの様子

きれいに並んでます。
これが全部燃やされ、炎となって器に映し出されると思うと。。
ロマンです。
f0031259_9472148.jpg

[PR]

by taroveju | 2012-11-27 09:50 | 陶芸薪窯 滝の谷窯
2012年 11月 27日

滝の谷窯 窯焚きのお知らせ

紅葉の水車むらへ窯焚きを見学にいらっしゃいませんか?
はしばみ窯の井上さんと仲間たちが歓迎してくださいますよ。 
焼成  11月29日〔木〕~12月1日〔土〕深夜まで

窯出し 12月9日〔日〕9:00~11:00

f0031259_8354787.jpg

[PR]

by taroveju | 2012-11-27 08:36 | 陶芸薪窯 滝の谷窯
2010年 06月 02日

木の葉の大皿 

f0031259_12405377.jpg
f0031259_1242283.jpg

滝の谷窯の最新作です。
大きさも大きすぎず、重さも重すぎず、ご家庭用にもちょうどいい感じ。
この一枚が食卓の真ん中にあるだけで、幸せな夕食風景が想像できそうな器です。
残念ながら今回お売りする分はないとのことですが。。
はしばみさんに次回もぜひ作っていただきたい一皿です。
[PR]

by taroveju | 2010-06-02 12:52 | 陶芸薪窯 滝の谷窯
2010年 01月 16日

滝の谷窯のすり鉢で大根葉とわかめの胡麻和え

f0031259_22411370.jpg
f0031259_2241276.jpg
f0031259_22415057.jpg

調味料はたっぷりのゴマと塩と醤油を少々。
擂りたてゴマの香りが活きてます。

たきのや窯で焼いたすり鉢は見た目もおしゃれ、使い勝手も最高。
ゴマを擂って野菜を和えてそのままテーブルへ。
片口になっていてとろろ汁にもうってつけ。
井上氏の最新作です。
f0031259_2259284.jpg

たろべえじゅでお買い求め頂けます。
ひとつひとつちょっとずつ違う味わい、風情があります。
ぜひお手にとってお確かめ下さい。
[PR]

by taroveju | 2010-01-16 22:43 | 陶芸薪窯 滝の谷窯
2009年 12月 07日

たきのや窯の窯出し

f0031259_11182882.jpg
f0031259_10484758.jpg
f0031259_10485675.jpg

f0031259_11192233.jpg
昨日の日曜日、たきのや窯の窯出しがありました。
たろべえじゅのすぐ裏なのに、ちょうどお昼の準備中に行われるので、私は一度も見たことがありません。
そこで、我が家の子供カメラマンに撮影を依頼。
撮ってきてくれたのがこの写真です。
今回も順調に窯焚きができ、なかなかいい出来だったようです。
来週にはたろべえじゅにも新作の器がお目見えの予定。
楽しみにしています。
[PR]

by taroveju | 2009-12-07 10:54 | 陶芸薪窯 滝の谷窯
2009年 05月 04日

窯焚き無事終了

f0031259_22332074.jpg
f0031259_22332631.jpg

今回も無事終了とのこと。
私は毎回挨拶程度しか関われずただの傍観者でしかないのですが。。
ここに人が集い、確かなモノが生まれているという事実が素直にうれしい。
この連休、川向こうでは紅茶製造真っ只中。
水車むらのあっちでもこっちでも真剣に誠実に情熱をかけたモノ作りが行われていることが何よりも貴重なことだと思うのです。
[PR]

by taroveju | 2009-05-04 22:56 | 陶芸薪窯 滝の谷窯
2009年 03月 25日

杉の木を切る

裏山からチェーンソーの音が鳴り響いてくるので行って見ると
はしばみ氏がちょうど杉の木を切り倒すところでした。

水平と斜めに二箇所切込みを入れたところ。
f0031259_10552395.jpg

切込みを入れた方向に倒れるはずだったのが何故か反対方向に倒れかかる。
f0031259_10552959.jpg

そのまま逆方向にしかし運良く他の木々の間をすり抜けぎしぎしと音をたてながら一気に倒れた。
f0031259_10553510.jpg

枝を払って見ると、けっこうな長さがある。
f0031259_10554046.jpg

山に住んでいても生の木を切り倒すところを見る機会は滅多にないもので
久しぶりにその瞬間に立ち会いました。
植物と言えどもここまで大きいと殺生とまでは言わないまでも命を絶つというような
ちょっと切ない感じもします。
切らせていただいて、薪として使わせていただくことに感謝の祈りをささげながら
作業を見守りました。
[PR]

by taroveju | 2009-03-25 10:57 | 陶芸薪窯 滝の谷窯
2009年 01月 14日

滝の谷窯の器 入荷

f0031259_20451031.jpg

今年始めに裏山の薪窯「滝の谷窯」で焼かれたはしばみさんの器が並びました。
窯焚きの様子はこちらで、窯出しの様子はこちらでご覧ください。
たろべえじゅでも大皿から取り皿までさまざまな種類の陶器を使わせていただいていますが、器によって素朴な料理も活かされ見栄えがすることは間違いありません。
緻密な計算と偶然から生まれた熱い炎が灰となり、模様となって、一つ一つの作品に炙り出されています。
窯出ししたばかりの力強く美しい陶器たちをぜひ手に取ってお確かめください。
[PR]

by taroveju | 2009-01-14 20:45 | 陶芸薪窯 滝の谷窯
2007年 11月 13日

いよいよ窯詰め開始

f0031259_15262410.jpg
f0031259_15233210.jpg
f0031259_15234917.jpg

今月27日から二泊三日の初窯に向けて窯詰めが始まりました。
はしばみ先生が、ひとつひとつに藁を巻きつけたりしながら、慎重に作業を進めていました。
楽しみです。
お近くの方、炎と煙を見に来てくださいね。
心も身体もあったまりますよ。きっと!!
[PR]

by taroveju | 2007-11-13 15:23 | 陶芸薪窯 滝の谷窯
2007年 05月 07日

薪窯ようやく完成!

f0031259_20425999.jpg
f0031259_20431442.jpg

はしばみ氏が昨夏から手作りでこつこつと造ってきた薪窯がようやく完成。
この日は美しい助っ人のおかげかずいぶんと作業がはかどったようです。
実は今まで何も手伝わなかった私も、最後と聞いてレンガを二つ積ませてもらいました。
これから夏にかけて薪などの準備をして、いよいよ秋には初窯です。
お楽しみに♪
[PR]

by taroveju | 2007-05-07 20:43 | 陶芸薪窯 滝の谷窯