たろべえじゅ通信

taroveju.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:マクロビオティック( 9 )


2006年 09月 22日

本日のケーキセット マクロビ仕様チョコ風味

f0031259_19105042.jpg

いつの間にか、すっかり秋ですね。
熱い紅茶が恋しい季節となりました。
本日のケーキは大人味のココアケーキです。
卵や、バターや白砂糖は使わない、マクロビオティック仕様。
甘みはメープルシロップとりんご゛ジュース。
ラム酒に漬けたプルーンが入っていて、チョコレートのような濃厚な風味です。
生クリームを添えてみましたが、マクロビアンには豆腐クリームがいいですね。
水車むらの紅茶は主張しすぎず、淡白すぎず、どんなお菓子をも引き立ててくれます。
秋の午後のティータイムにぜひ。
[PR]

by taroveju | 2006-09-22 19:10 | マクロビオティック
2006年 08月 05日

本日のケーキセット

f0031259_17232818.jpg

ココアとプルーンのケーキをつくりました。
チョコレートを使っていないのにしっかりチョコレート味。
プルーン効果?
いつもあまり本は見ないのですが、今日は朝倉さんのマクロビスイーツのレシピを参考につくってみました。
甘みはメイプルシロップとりんごジュース。
地粉と塩と少量のBP。菜種油。
プルーンはラム酒につけてあったものを刻んで入れました。
外側かりっ。
中はしっとりしてなかなか美味しくできました。
暑い日こそ熱いお茶。
かぐや姫とチョコ風味ケーキのセット。
[PR]

by taroveju | 2006-08-05 17:30 | マクロビオティック
2006年 07月 17日

マクロな焼き菓子

f0031259_18281138.jpg
本日のケーキは久しぶりにマクロビオティック仕様。
卵もバターも使わないケーキです。
甘みは甜菜糖とりんごジュースとバナナ。
もっと甘さを控えてもよかったかな?
地粉と全粒粉の素朴な味がします。
地味な仕上がりだったので、以前につくった夏みかんのマーマレードを添えて。
お客様には意外にも好評をいただいたので、これからときどき中身を変えながらつくっていきたいと思います。
[PR]

by taroveju | 2006-07-17 18:26 | マクロビオティック
2006年 06月 17日

「リビング静岡」効果

フジサンケイグループの生活情報紙 「リビング静岡」の最新号一面。
「マクロビオティックってな~に?」の特集が組まれました。
静岡県中部地方限定版です。
料理教室の紹介や、家庭で実践している方の紹介と共にマクロビオティックの食事ができる店として紹介記事を載せていただきました。
静岡市内にも専門のお店が無かったらしく、堂々と「たろべえじゅ」が一軒だけ(汗)。
おかげさまで反響が大きく、ランチの予約のお電話をいただいています。
店主は少々戸惑い気味。。。。
一人でぼちぼちやっているので大人数には対応できません。
ついつい電話口で、「お時間はたっぷりありますか?」とか
「マクロビを日ごろから厳格に実践してますか?」とか
逆にいろいろと聞いてしまいます。

実のところ、私自身がすべてにとらわれすぎない自由な生き方を模索中で、マクロビオティックに対する考え方もかなりゆる~くなってきています。
なので、お客様にもざっくばらんに、無理の無い楽しい食生活を提案しています。
ただ、ここに来た時はこんなお食事もいかがですか?
ぐらいの軽い気持ちで召しあがっていただきたいと思っています。
マクロビオティックってこんなに気楽な簡単なものなんだって思ってくださるといいな。
自然に囲まれた空間で美味しい空気を吸いながら。
川の流れる音や、鳥のさえずりなど聴きながら。
玄米ご飯をゆっくりゆっくり噛みしめながら。
ゆったりとした時間を過ごしてほしいのです。

<真ん中にで~んと、本日の主菜?蒸しただけのこかぶ。>
f0031259_22392130.jpg

<これは自慢です!ど~んと自家製梅干。>
f0031259_2239322.jpg

<味噌汁はいつだって具沢山。もちろん自家製のお味噌です。>
f0031259_22394468.jpg

[PR]

by taroveju | 2006-06-17 22:39 | マクロビオティック
2006年 02月 15日

マクロビオティックを学ぶ[れいの会]のご紹介


f0031259_1910483.jpg

マクロビオティックを生活の中に上手に取り入れながら暮らしている原田裕子さんが活動の輪をもっともっと広げていこうと、「ゆの実通信」を創刊しました。
マクロスイーツで大人気の中島デコさんと自然酒を造り続け発酵の魅力を回りにも広めている寺田本家さんを訪ねた取材記事も載った中身の濃い素敵な通信に仕上がっています。
(私にとってはお二人とも興味深深。とってもタイムリーな内容に大満足)
「ゆの実」にはたくさんの意味がこめられています。
ゆっくり、ゆったり、ゆるやかに、ゆかいに、ゆうがに、ゆうゆうと、ゆうもあ、ゆたかに、ゆめかなえましょう。
たくさんのゆの実を実現させ、実らせることのできるようにという気持ちをこめてこの通信の名前を決めたそうです。
やさしいあたたかい素敵な言葉には「ゆ」という音がついているんですね。
また「れいの会」では、日本CI協会の講師も務めるマクロビオティックの指導者山村慎一郎さんを囲んだ勉強会を東京で毎月開いています。
この勉強会を始めてからもう三年になるそうです。
今年前半は「陰陽五行と身体」、「マクロビオティックの哲学」をテーマに学んでいくようです。
3月4~5日には早稲田で半断食合宿も行われます。
私は去年の夏、千葉の海岸で行われた「砂浴」合宿に参加させていただきました。
山村先生のアドバイスを受けながら、砂に埋まり、身体の毒素を排出できて、それを境に今の元気な自分がいると思っています。
ちなみにこの合宿ではリマクッキングの尾形先生手作りの食事をいただきました。
勉強会も合宿も小さい子供連れでも歓迎してくれます。
周りの方も親切に見てくださりマクロで育っている子供たちの交流の場にもなります。
東京近辺でマクロを取り入れた生活を楽しもうと思っている方はこの輪のなかにぜひ加わってみませんか?
手頃な会費で誰でも気軽に参加できます。
もちろん、「ゆの実通信」だけでも実費で分けていただけます。
この会の世話人を一手に引き受けている原田(波江野)裕子さんは私の高校時代の先輩ですが、行動力があり、面倒見も良くとても信頼できる方です。
世田谷区の小学校二年生の男の子のお母さんですが、「給食を採らずにお弁当にしたい」と申し出たら許可され、毎日マクロのお弁当をつくっています。
アトピーでもないのに許可をしてくれた学校関係者も評価できますが、毎日給食の献立表に沿ったメニューでマクロビ仕様のお弁当を作り続けている原田さん、すごいと思います。
友達が皆給食を食べる中で、ひとりそのマクロ弁当を堂々と食べる息子さんも素晴らしいです。
そのお弁当日記も載っています。
興味をもたれた方はぜひこちらのHPにアクセスしてみてください。
[PR]

by taroveju | 2006-02-15 10:13 | マクロビオティック
2006年 01月 25日

マクロビオティック風ケーキ  イチジクのタルト

f0031259_16532451.jpg
f0031259_16534051.jpg

今日はイチジクに甜菜糖をからめて煮て冷凍してあったものを下に敷き詰めて焼いてみました。
大きな四角い型を使ったので生地が薄めになりタルトのようになってしまいました。
味はちょうど良かったのですがぎゅっと締まって重く感じたので次回はもう少しベーキングパウダーの力を借りようと思います。
近くに住む妹に食べてもらい率直な感想を聞くと
「生クリームといっしょに食べたらいいかも?」ということでした。
確かに・・・・。
生クリームを食べたくないマクロビ派の方向けには豆腐のクリームをつくってみましょうか。
[PR]

by taroveju | 2006-01-25 17:51 | マクロビオティック
2006年 01月 21日

マクロビオティック風ケーキ 干し柿とレーズンのクランブル

「都心でも数センチの積雪」という朝のニュースを聞きながらなんだか急にケーキを焼いてみたくなりました。
昨晩見たmayberrylifeさんのかぼちゃのケーキがあまりにも美味しそうだったから・・なのですがあいにく我が家にはかぼちゃが見当たりません。
砂糖も卵もバターも入れないケーキですから何か自然の甘さをしっかり持っているものを探さなくてはなりません。
サツマイモもないし、豆も煮てないし、どうしようと思いながら見渡すと、食器棚の取っ手にぶら下がってる干し柿を発見。
少し干からびかけていたので惜しみなく五個、種を取り出しはさみでチョキチョキ。
冷蔵庫で長い間眠っていたラム酒漬けレーズンも入れて焼いてみました。
f0031259_2158576.jpg
f0031259_21584923.jpg

形は崩れてしまいましたがさてお味は・・・?
ベーキングパウダーも入れなかったので、すべてが自然で素材の甘みが感じられとっても上品なお味です。
バターを溶かす手間もかからず卵をあわ立てる必要もなくただ混ぜて焼くだけで簡単美味しいマクロビオティック風ケーキ、分量と焼き時間を極めれば定番メニューになりそうです。
[PR]

by taroveju | 2006-01-21 22:28 | マクロビオティック
2006年 01月 13日

理想はマクロビオティック

f0031259_197941.jpg


いつも大体こんな感じのものを食しています。
今日つくったのは....
 レンコンのきんぴら風に、蒸した小芋をあわせたもの
 ひじきの煮物(三種の豆とあげ入り)
 フライドポテト
 こかぶの蒸したの 菜花をさっと湯がいたもの 生わかめです。
煮物に使う調味料は塩と醤油ぐらい。
以前は三河みりんやお酒を入れたりしたけれど最近はまったく使わなくなりました。
調理法もどんどんシンプルになっています。
煮物系のものには割としっかり味をつけるので青菜類は蒸したりゆでたりしただけのものをそのままか塩をほんの少しだけつけて食べるのが好きです。

それにしても写真が下手ですねぇ。ぜんぜん美味しそうに見えません。
料理も盛り付けも写真の撮り方もこれからいっぱいチャレンジして学んでいきたいと思います。
[PR]

by taroveju | 2006-01-13 19:47 | マクロビオティック
2006年 01月 04日

玄米

f0031259_19375549.jpg



わが家の主食は玄米ご飯です。
地元産の無農薬のものを農産物直売所から分けていただいています。

一晩浸水して少しやわらかめに炊いているので、六歳と四歳の息子たちも食べています。

暮れからお正月、お呼ばれが続いた後は玄米ご飯と味噌汁、梅干でリセットです。
今夜は黒米入りなので赤飯のよう。
[PR]

by taroveju | 2006-01-04 14:55 | マクロビオティック