たろべえじゅ通信

taroveju.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 17日

ほうれん草と切干大根のおひたし ふきのとう風味

f0031259_1721483.jpg
f0031259_1723216.jpg

イチゴの岸さんから
「生でも食べれるよ。無農薬だから」
と収穫したばかりのほうれん草をいただきました。
さっと湯がいて切干大根の醤油漬けの汁の中に浸しました。
今日の切り干し大根はことさら甘く、漬け汁はちょっと甘すぎるくらいです。
そこで例のふきのとうを庭の片隅からいただいてきて
これまたさっと湯がき、みじんに切ってざっくり混ぜて春のおひたし。
あくのようなあのふきのとう独特の苦味が程よく分散して
雅な香りの大人のお味。
早春にふきのとうをいただくと、その年病気をしないと言われています。
野草の苦みが身体に刺激を与えてくれてしゃきっとしそうです。
[PR]

by taroveju | 2006-02-17 17:20 | 自然派料理


<< 郷土に根ざす民俗学写真家 八木...      ふきのとう >>