たろべえじゅ通信

taroveju.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 02日

味噌作り仕上げ

味噌だまを作って樽にきっちりつめたら塩の代わりに酒粕を味噌が隠れるくらいたっぷりと敷き詰めます。
三年前からこの方法にしていますがカビがつかず減塩にもなりとても助かっています。
味噌が出来上がった後は粕の部分を別に分け、粕漬けや粕汁に利用します。
f0031259_17173943.jpg

f0031259_17232784.jpg

今年は古い木の味噌樽をもらったのでそのまま使いたかったのですが中身がしみてくる可能性を指摘され、大きなポリエチレン袋を中に敷きました。
空気を抜き密封してふたをし、上に紙をかけて秋ごろまでそのまま寝かせます。
  (大豆約六キロ、麹五キロ)
  
[PR]

by taroveju | 2006-02-02 17:43 | 保存食


<< 水車むらで遊ぶ      リオープニングパーティーのお知らせ >>