たろべえじゅ通信

taroveju.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 21日

マクロビオティック風ケーキ 干し柿とレーズンのクランブル

「都心でも数センチの積雪」という朝のニュースを聞きながらなんだか急にケーキを焼いてみたくなりました。
昨晩見たmayberrylifeさんのかぼちゃのケーキがあまりにも美味しそうだったから・・なのですがあいにく我が家にはかぼちゃが見当たりません。
砂糖も卵もバターも入れないケーキですから何か自然の甘さをしっかり持っているものを探さなくてはなりません。
サツマイモもないし、豆も煮てないし、どうしようと思いながら見渡すと、食器棚の取っ手にぶら下がってる干し柿を発見。
少し干からびかけていたので惜しみなく五個、種を取り出しはさみでチョキチョキ。
冷蔵庫で長い間眠っていたラム酒漬けレーズンも入れて焼いてみました。
f0031259_2158576.jpg
f0031259_21584923.jpg

形は崩れてしまいましたがさてお味は・・・?
ベーキングパウダーも入れなかったので、すべてが自然で素材の甘みが感じられとっても上品なお味です。
バターを溶かす手間もかからず卵をあわ立てる必要もなくただ混ぜて焼くだけで簡単美味しいマクロビオティック風ケーキ、分量と焼き時間を極めれば定番メニューになりそうです。
[PR]

by taroveju | 2006-01-21 22:28 | マクロビオティック


<< 日野原重明先生の講演会      明治生まれの祖母 >>