たろべえじゅ通信

taroveju.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 21日

明治生まれの祖母

f0031259_22393250.jpg

f0031259_22285787.jpg

祖母が入院したと聞き、母と妹と三人でお見舞いに行ってきました。
明治の末の生まれ、95才です。
思ったより元気そうな祖母の笑顔にほっとし、母娘三代久しぶりの談笑を楽しみました。
とは言っても祖母の口から出る言葉は「ありがとうね」と「わさわざ悪かったねえ」ばかり。
多くを語らず、ただただ今を感謝しながら生きているように感じました。
大正、昭和、平成と激動の時代を生きてきて、大変だった事や辛かった事が沢山あるでしょう。
しかし今すべてを許し、受け入れ、無の境地に身を置いているような・・・。
うまく言えませんが神に近づいているような印象です。
短い時間でしたが穏やかで優しい時間を過ごすことができました。
「おばあちゃん、私こそありがとう」
今日言いそびれてしまった言葉をこの次は必ず伝えようと思います。

病院を出ると、曇り空の下で、綿のように白い実が風に揺れていました。
[PR]

by taroveju | 2006-01-21 00:09 | 素敵な人たち


<< マクロビオティック風ケーキ 干...      水車むら >>