たろべえじゅ通信

taroveju.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 02日

玄米菜食シェアリングランチ

2月1日日曜日の玄米菜食ランチのお惣菜の一部とデザートです。

菜の花のからし和え
f0031259_13482945.jpg

エリンギとチンゲン菜と春雨のピリ辛炒め
f0031259_1348385.jpg

春菊とにんじんの酢味噌和え
f0031259_13484664.jpg

ブロッコリーと切り干し大根とコンビーフもどきのガーリックソティ
f0031259_1348529.jpg

金柑の甘露煮甘酒シャーベット添え
f0031259_1348572.jpg


若い方、お子様連れのファミリー、ご年配の方、最近はお客様の層が広がり、老若男女さまざまな世代の方々にお越しいただいてとてもうれしく思っています。
たまたま同じ日、同じ時にここに集っていただいたご縁のお客様同士。
まさにひとつ釜の飯と数皿の大皿料理を分け合って食べていただくことで、何かが繋がり。。
それぞれにそれぞれの時間を過ごしながらも、いつしかこの場が和やかなやさしい連帯感のようなものに包まれていく。
私は、焼きたての春巻きやら車麩やらが入ったフライパンを片手に客席を飛び回りながら、そのあたたかい「気」を感じ取り、心からほっとし、毎回感動を覚えるのです。

たろべえじゅの玄米菜食ランチは、ご自分の体質や体調に合わせてお好みの量を食べていただけるように、ビュッフェスタイルです。
これまではわかりやすく「玄米菜食ランチバイキング」とご紹介してきましたが、「何はともあれ食べ放題」のイメージに何か違和感を覚えていました。
なのでこれからは「玄米菜食シェアリングランチ」と呼ぶことにいたします。
シェアリングランチという言葉は少し前からひらめいていて、思い切って今発表してみましたがいかがでしょうか?
居合わて同志のようになった方々と仲良く自然に譲り合ったり分け合ったりすることを楽しんでいただけたらうれしいです。
これからの共生、共存の時代にふさわしいスタイルではないでしょうか?
このほうがぴったりだなって今直感で確信しました。

たろべえじゅ発「玄米菜食シェアリングランチ」をこれからもどうぞよろしくお願いします。
[PR]

by taroveju | 2009-02-02 13:48 | 玄米菜食シェアリングランチ


<< 小さな小さな春      ルッコラ >>